すべて
専門医インタビュー
治療体験談
歯のコラム
体験談
2018-01-05
夫婦二人で、噛める日々を取り戻しました
園山さんご夫婦仮名・70代・長崎県在住

園山さんは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

【園山さん】

私は若いころから歯槽膿漏でした。他の方がどうかはわかりませんが、私の場合は歯茎が腫れだすと熱が出て、寝込んでしまうほど酷かったんですよ。どこか一箇所が腫れると全体が腫れだして、それが1週間ほど続くんです。

最初は上の歯が悪かったのですが、なんというか…伝染するような感じで次第に下の歯も歯槽膿漏になってしまいました。すると、合わせて虫歯もどんどん増えていったんです。
そうしているうちに、最初に奥歯を失ってしまいました。当然、固いものが噛めなくなってしまいましたので、「ブリッジ」にすることになったのです。

これがすべての「悪循環」の始まりでしたね。ブリッジにして数年後、支柱にしている両側の歯がグラグラし出して抜け、またブリッジ。そしてその支柱の両側がまたグラグラし出して抜け、今度は「部分入れ歯」…。

それを繰り返しながら次々と歯を失い、最終的には上3本、下1本になってしまいました。歯槽膿漏と虫歯も治っておらず、当時の私の口の中は、これ以上は無いと言っていいほどに最悪の状態だったんです。当然、食事をしても味もわからんですし、人と会うとなると口臭が気になる。もう毎日、歯のことが辛くて辛くてたまりませんでした。

最初に日本歯科情報センターに電話してから、約1年ほど
迷われたという園山さん夫妻。「あの悩んだ1年、もっと早く
決断していれば…」と、笑顔で語る旦那様。


奥さまは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

【園山さん(奥様)※以下奥様】


私も主人と同じですね、歯槽膿漏がひどい状態でした。上の歯がほとんど歯槽膿漏だったんです。
私の場合は最初に前歯を失いました。ですが、主人が治療するのを見ていて、どんどん歯を失って行くもんですからどうも乗り気になれなくて、前歯が抜けた状態でずっと生活していました。
私も女性ですから、やっぱり恥ずかしかったですね。人と会うたびに「見られてるんじゃないか、影で笑われているんじゃないか」と、気になりましたね。


治療のほうはそれからどうされたのですか?

【園山さん】

私の場合は20年以上昔から歯の悩みがついてまわっておりましたのでインプラントのことは知っていました。そしてもうインプラント以外に選択肢の無かった私は、当然インプラントを検討しましたが、田舎の方に住んでいるもので情報も少なく、いろいろと医院を探しましたが、結局どこでやったらいいかわからなかったのです。

【奥様】

当時夫婦で通っていた歯医者さんからは、「インプラントは事故を起こす医院もあるから気をつけたほうが良い」と言われました。
ですから怖くて、なかなか治療に踏み切れなかったんです。そんな時に新聞で見たのが「日本歯科情報センター」さんだったんですよ。
私たちのような歯の悩みを持つ人たちに歯科医療情報を無料で提供していて、適切な医院選びの手助けをされておられるとのこと。26 年の歴史もある機関みたいなので、ここなら良い医院を教えてくれるかもしれない!と思い、電話することにしたんです。


電話した感想はいかがでしたか?

【奥様】

丁寧だし親切で本当に有難かったです。しかも、新しく知ることばかりで勉強になりました!インプラントというものは医師の免許を持っている人なら誰でも施術できるらしく、担当する医師の技量によって仕上がりに相当の差が出るとのことなんですね。
確かに考えてみれば、年に1~2件インプラント手術をする歯医者さんと、毎日毎日何人もインプラントをする専門医さんとでは当たり前に技量が違いますよね。そういう観点から、医院の紹介をしているそうなのです。
さらに、医院の選び方だけでなく、「現代の最先端のインプラント」についていろいろと伺うことができたんです。


それはどのようなものだったのでしょうか?

【奥様】

なんでも、現代の最先端のインプラントは、顎の骨の負担を最小限にするために、1本のインプラントで数本の歯を固定するんだそうです。本数が少なくなるから当然今までのインプラントよりもずいぶんと安くできるのだそう。
さらに現代では、インプラントの材質そのものも大幅に工夫されているらしく、10 年前に比べてかなり安くインプランラント治療ができるしっかりとした専門医院もあるみたいなのです。しかも信じられないことに、たったの1日~2日で治療が完了するとのこと。まさかこれが本当なら、医院が自宅の近くでなくとも治療を受けることができます。

ですが、これだけ好都合ばかりだと、逆に疑ってしまうものです。半信半疑だった私に、日本歯科情報センターの方がとても良い情報を教えてくださったんです。

日本歯科情報センターは、この事実をより多くの人々に知ってもらうために九州各地で「歯に関する相談会」をやっているとのこと。良かったら来ませんか?とのことでした。参加費も一切無料だし、実際に自分の目で真実を確かめられると思い、夫婦で参加してみたんです。

「説明会でインプラント治療の金額についても詳しく知る
ことが出来たお陰で私までインプラントできました。」
歯槽膿漏も改善し、口元に自信が持てたとのこと。


相談会に参加してみていかがでしたか?

【園山さん】

図を見ながら説明が聞けましたし、最先端のインプラントや金額の仕組みについても詳しく知ることができ、とても安心できました。
なんせインプラントは高額ですし、その他初めてのことばかりで心配も多かったのですが、最初に説明会に参加して詳しく聞いたことで気持ちがずっと楽になれて、治療にも前向きになれました。
特に金額の説明は分かりやすかったです。この説明会に参加していなければ、たとえ先々インプラント治療を受けていたとしてももっと高額な費用や時間を費やしていたかもわかりませんし、その際の安全性や高額な治療費を想像するとゾッとしますね。


その後、どのように治療されたのですか?

【園山さん】

まずは私から、紹介していただいたインプラント専門クリニックで検査を受け、治療プランなどを相談しました。ご紹介いただいたクリニックもとても丁寧に対応してくれて、治療プランの提案もスムーズ。
やはり、インプラント専門のクリニックは普通の歯医者さんとは全然違うと感じましたね。手馴れていたし一つ一つがとても丁寧で、安心できました。
事前の検査をもとにしっかりと計画が練られていたようで、手術も2時間ほどで終わりました。局部麻酔だったので、その日も特になんの不自由もなく、次の日には歯を取り付けてもらえました。私の口に合わせてきっちり調整されているからか思ったより早く馴染んで、本当の歯を取り戻したようです。


仕上がりには満足されていますか?

【園山さん】

その後の経過も良好で、治療の質の良さと確かさをしっかりと自分の身を持って実感できましたので、家内にも勧めました。何より、同じ悩みを持っていた妻にもこの素晴らしさを実感して欲しかったですし、二人でこれから人目を機にすることなく、たくさん笑って、美味しいものをたくさん食べられる生活を想像するだけで、進めずには入られませんでしたよ。

【奥さま】

ええ、主人が「歯を綺麗にしたらもっと美人になれるよ」と薦めてくれたんです(笑)。家族からの応援というものは嬉しかったですね。今は私も同じクリニックで治療を受けましたが、主人から事前に色々と聞くことができましたし、不安もほとんどありませんでした。

仕上がりも本当に大満足。今では、夫婦共に食事を楽しんでいます。


歯のコラム2019-10-18
佐賀県小城市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】10月19日(土)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

佐賀県小城市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】
10月19日(土)歯のお悩み[無料]インプラント相談会
ゆめぷらっと小城 2F 会議室2

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、佐賀県小城市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:10月19日(土)
時間:14:00〜
場所:ゆめぷらっと小城 2F 会議室2

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-18
歯科医の「抜いたほうがいい」は本当か? 揺れ出す前なら…

10月16日のウェブニュースにて

歯科医の「抜いたほうがいい」は本当か? 揺れ出す前なら…

という記事が紹介されました。

歯科医院に定期的に検診に行っている人はあまり経験がないかもしれませんが、痛くなったから、グラグラと揺れているから、実際に抜けてしまったからといって歯医者を訪れる人も少なくありません。
歯医者は痛くなってからいくものと思っていると、自分の大切な歯を失ってしまうかもしれません。

歯科医院で、この歯は抜いた方が良いです。と急に言われると、納得できないと思ってしまいますよね。しかし、歯は骨なのでそれ自体が痛むことはなく、その歯が歯周病菌に犯されて、それが神経や歯茎の内部、歯を支える骨まで蝕んでやっと自覚症状が出ます。
つまり、症状が出てからすぐ行けば大丈夫というのは間違っていて、症状が出た頃にはもう遅いという場合が多いのです。

しかし、こちらの記事で紹介されているように、患者の状態にもよりますが、再生治療などでなんとか歯を残すことも今の技術ではできなくも無いようです。
ただ、保険適用外になることも多く、抜いてインプラントにするにしても、治療するにしても、高額な費用が必要になる場合がほとんどです。

昭和の歯科治療は歯をどんどん抜いていましたが、今の時代、簡単に歯を抜くことを勧める歯科医院はほとんどいません。
もしあなたが歯科医院で歯を抜いた方が良いと言われたら、基本もう手遅れだと思った方が良さそうです。
ただ、記事のように専門の歯科医院にかかることで抜かずにすむ場合もありますので、そうしたい場合は専門の医師に相談してその後を検討してみるのも一つの手でしょう。

記事はこちら

「抜いたほうがいい」は本当か? 揺れ出す前なら…

記事提供元:読売新聞(

) さま
記事掲載元:Yahoo!JAPANさま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は
1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。
歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、
資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。
お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-17
福岡県糸島市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】10月18日(金)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

福岡県糸島市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】
10月18日(金)歯のお悩み[無料]インプラント相談会
ホテルニューガイア糸島 2F 会議室

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、福岡県糸島市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:10月18日(金)
時間:14:00〜
場所:ホテルニューガイア糸島 2F 会議室

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-17
「しなくていい歯を治療」の声も…無資格の助手に治療行為させ診療報酬も詐取か 歯科医師逮捕

10月16日のウェブニュースにて

「しなくていい歯を治療」の声も…無資格の助手に治療行為させ診療報酬も詐取か 歯科医師逮捕

という記事が紹介されました。

愛知県の歯科医院で、歯科衛生士の資格が無い歯科助手に歯石除去をさせたとして歯科医院の医院長である医師が逮捕されました。

多くの人は、歯科医院は病院だから受付以外の働いている人全員が資格を持っていると思いっている人も多いようですが、実は歯科助手に資格はいりません。

歯科衛生士は、患者に対して予防や処置、指導などをすることができますが、歯科助手はあくまでアシスタントです。事務作業や片付けなど、資格のいらない範囲内で補助をする仕事を担っています。中には、歯科衛生士の資格をとる学校に行きながらアルバイトで歯科助手をしており、知識のある人もいたりしますが、そういった知識があるからといって、資格を持っていない以上患者に処置をすることは許されていません。

現在日本には多くの歯科医院があり、人手不足していますが、いくら人がいないからといって、このような事件は起きてはならないことです。

歯科医院を選ぶのは大変難しいです。いろいろな口コミサイトなどもありますが、設備・医師、歯科衛生士の対応・納得のいく説明をしてもらえたかなど、こういったところからご自身で判断されることも自分にあった歯科医院を見つける第一歩です。

記事はこちら

「しなくていい歯を治療」の声も…無資格の助手に治療行為させ診療報酬も詐取か 歯科医師逮捕

記事提供元:東海テレビ さま
記事掲載元:Yahoo!JAPANさま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は
1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。
歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、
資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。
お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-16
佐賀県佐賀市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】10月17日(木)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

佐賀県佐賀市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】
10月17日(木)歯のお悩み[無料]インプラント相談会
佐賀県地域産業支援センター 2F 第1研修室

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、佐賀県佐賀市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:10月17日(木)
時間:14:00〜
場所:佐賀県地域産業支援センター 2F 第1研修室

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

インタビュー
2018-02-15
検査のときに質問した方が良いことってあるのでしょうか?
日本歯科情報センター 松井メディア運営事務局

Q&Aコーナーへの質問に対し、
福岡県博多区のインプラント専門クリニック

医療法人メディカルライフクオリティワンデイスマイルインプラントクリニック
所属の看護師の林田京子さんより
回答のご協力をいただきました。

Q&Aはこちら

質問:歯医者選び中 様(61歳/女性)
インプラント治療を検討していて、
専門のクリニックに行って検査を受けようと思っています。
検査のときに、こちらから質問した方が良いことはありますか?
インプラントは一生に一度きりだと思ってますので
慎重に医院を選びたいと思っています。


医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック
看護師 林田 京子さん


回答:

検査のときに質問することはとても良いことだと思います。
どのような治療を行うのか患者さまはきちんと知っておくべきですし、
そうすることで安心感も変わってきますよね。

質問の内容ですが、今回は私が普段、カウンセリング時に
患者さまにお伝えしていることを書きます。
逆にこれを質問していただけたら良いと思います。

●検査の時に質問すること

1. 骨の状態は?(厚み、幅、骨レベルなど)
2. 歯肉の状態 (抜歯した後の歯肉が萎縮していて先々物詰まりの原因にならないか?)
3. 抜歯してインプラントを行う場所の相手側の歯は大丈夫か?
4. 何ヶ月くらいで歯は入りそうか?


加えて言うなら、治療の術式は?…と言いたいところですが、
これはかなり専門的ですので、歯科医師によっては
踏み込んで欲しくない領域かもしれません。
いずれにしても、なんでも質問できるお話ししやすい先生が良いですね。

ただ、先生方は日々の診療で慌ただしくされているので、
細かい質問は歯科衛生士さんや受付の方にされた方が良いかもしれません。 
そのお答え次第で、先生のスタッフ教育レベルも把握できると思います。

質問者さまの治療の成功をお祈りしています。


インタビュー2019-10-15
佐賀県唐津市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】10月16日(水)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

佐賀県唐津市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】
10月16日(水)歯のお悩み[無料]インプラント相談会
唐津市民会館 3F 第2会議室

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、佐賀県唐津市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:10月16日(水)
時間:14:00〜
場所:唐津市民会館 3F 第2会議室

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

インタビュー2019-09-03
赤ちゃんの歯の生え方と離乳食との関係は?

8月28日のウェブニュースにて

赤ちゃんの歯の生え方と離乳食との関係は?

という記事が紹介されました。

赤ちゃんの成長にあわせて離乳食の段階を上げていくタイミングは、成長によっても差が出ますし迷うお母さんも多いようです。

こちらの記事では、歯が生える時期はそれぞれ違うので、舌の動きに注目して離乳食を変えていく方法について詳しく記載されています。

・5〜6ヶ月(舌を前後に動かせる)
ポタージュ状からペースト状へ

・7〜8ヶ月(舌を上下に動かせる)
舌ですりつぶせる程の硬さ。みじん切りなど。

・9〜11ヶ月(舌を左右に動かせる)
歯茎ですりつぶせる程の硬さ。8mm角切りなど。


あとは毎日お母さんがよく赤ちゃんの様子を見て、対応していくことで徐々に離乳食を卒業していきます。

なお、こちらの記事では8本歯が生えた後のオススメのメニューなどについても紹介されていますので、赤ちゃんがいるご家庭の方はぜひ目を通してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの歯の生え方と離乳食との関係は?

記事提供元:たまひよONLINE さま
記事掲載元:Yahoo! JAPAN さま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は 1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。 歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、 資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。 お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

インタビュー2018-02-08
質問:「あなたの口の状態ではインプラント治療できない」と言われました。

Q&Aコーナーへの質問に対し、
福岡県博多区のインプラント専門クリニック

医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック


所属の看護師の林田京子さんより
回答のご協力をいただきました。

Q&Aはこちら


質問:匿名希望 様 (55歳/女性)
長年歯科医院に通っています。かかりつけの歯科医院で
インプラント治療を相談したのですが
「あなたの口の状態ではできない」と言われ、入れ歯を勧められました。
もうあきらめるしか無いのでしょうか?




医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック
看護師 林田 京子さん 


回答:


私が所属しているクリニックにも、同じお悩みでご相談に来られる方が多いです。
しかしきちんと問診をしていくと、行うべき検査が行われていなかったり、
検査を行う設備を持っていなかったりする場合が多いです。

検査内容としては

1. パノラマレントゲン
2. CT撮影
3. 必要時デンタルレントゲン
4. 歯周ポケット測定


などが一般的に行われます。
患者様のお口の状態によって追加検査は必要になるでしょう。

その他には、担当医師の経験値不足などでインプラント治療が
出来ないと診断された場合も多いですね。

インプラント治療はもの凄いスピードで進化を続けていて
専門医院の私たちでさえも勉強の連続です。
それだけでなく、あらゆる症状の患者さまに合わせて
治療を行い、集積されてきた経験値も必要です。

ご相談者さまは、かかりつけの歯科医院で検査をされたようですが
インプラント治療をご希望であるならば、あきらめずに一度、
専門のクリニックで検査だけでも行われてみられることをお勧めします。

クリニックや医師によっては、治療の可能性は見つかると思いますよ。



体験談
2019-06-03
顎の骨がなくなっていた私も、歯を取り戻すことができました
池内さま50代/佐賀県在住

池内さんは、どのような経緯で 歯を失われたのでしょうか?

21歳のときに交通事故で歯を失いました。最初は前歯を「たったの1本」だけだったんです。治療のため両側をブリッジしたのですが、そのときはそんなに深刻には考えていませんでした。

次第に支柱の両側がグラグラして、そのうちにに抜けてしまったんです。それで更に両側の歯を使ってブリッジにしました。するとまた数年でグラグラし出して抜けて…合計すると3~4回だったかな。最終的にはもうブリッジが出来なくなってしまい、とうとう入れ歯になってしまいました。

入れ歯がここまで辛いとは思いませんでしたね。痛くて痛くて、痛くてね…ぜんぜん噛めないんです。パンに挟まっているウインナー、おにぎりの海苔…そんなものですら駄目でした。どうにか噛める場所を探して噛む日々を過ごしているうちに、変な癖がついて噛み合わせが悪くなり、更に入れ歯が合わなくなりました。 食事のたびに苦痛で頭がおかしくなりそうでしたよ。食べたいものが眼の前にあっても食べられないのが一番辛い。結局、1年ほどで入れ歯の生活に耐えられなくなりました。

入れ歯の生活が辛く、インプラントのことは常に頭にありました。でも、私たち一般の人間は医療のことなんて全くわかりませんから、自分はできるのか、幾らかかるのか、どこの歯医者に行けばいいのか…なにもわからなくて、二の足を踏んでいたんですよ。

そんなときに、昔からある日本歯科情報センターの「歯に関する相談会」のことを思い出したんです。周りに聞くと評判が良かったもので、参加してみることにしたんです。



顎の骨が無くなっていた池内さんでしたが、難しい手術も無事成功。
歯が入ったことで、あまりの変化に周りもびっくりされているとの事でした。

参加してみてどうでしたか?

非常に内容の充実した相談会でしたよ。絶対に参加して良かったと思います。クリニックによってはたったの1日~2日で歯が入る場合が多いだなんて驚きましたよ。それどころか、歯槽膿漏まで一度に改善できる場合があるとのこと。現代のインプラント治療の技術がこんなに進んでいたなんて、ただただ驚きました。

知ることができて特に良かったのが、クリニックによって治療費が違う理由です。診断や選択する治療法によってこんなにも金額が変わるのですね。知っているのと知らないのとでは全然違います。なにも知らずに受診すると、言われるがままに余計なお金を支払ってしまう可能性が大きいと思いました。

高額なイメージのあるインプラント治療ですが、クリニックによっては自費の入れ歯と変わらないくらいの金額で治療が可能な場合もあるそうなんだそうです。

金額や治療技術などすべてにおいて、私が持っていたイメージとは全然違いました。インプラント治療がこんなに身近になっていただなんて驚きましたよ。 受ける患者側もきちんとした情報を知っておくことは本当に大切だと感じました。私は入れ歯でとても苦しい思いをしていましたから、期待が膨らみましたね。 

その後、どのように治療されたのですか?

私の口の中の状態や、身体の状態を伝え、インプラント専門クリニックを紹介していただきました。私は長年のブリッジや噛み合わせの悪い入れ歯の影響で、顎の骨がぜんぜん無くなってしまっていたので治療可能な技術のあるクリニックが限られていたそうです。

紹介してくださったクリニックには、骨造成(注:自分自身の血液から顎の骨をつくる手術)の権威の先生が在籍しておられたので私の口の状態でも治療が可能だとのことでした。

手術当日は、事前の検査で私専用の治療プランが立てられていたのでスムーズそのものでした。始まってみると痛みも全然なく、2~3時間で終了。終始リラックスした雰囲気でしたよ。歯が入ったときには感激でした。 まるで自分の歯が戻ってきたようです。 

歯槽膿漏も同時に改善したことで口腔内の健康を取り戻し
今では好きなものを味わって食べることができると喜びの声を頂いています。

現在はどのようにお過ごしですか?

固いものでもしっかり噛んで食べられるし、味がしっかりとわかるようになって食事がすごく楽しいんです。噛み合わせも抜群で痛みを感じることも歯茎が腫れることも無くなりました。 自分がまたこんなに固い食べ物を噛めるようになるなんて、少し前までは想像もできませんでした。

思いきりなんでも食べられるので、すこぶる体調が良くて快感!自分自身の人生が本当に幸せです。今の幸せな日々に感謝しています。

体験談2019-05-28
体質のせいで治療は不可能だと言われていた私も、治療できました

金山さんは、どのような経緯で
歯を失われたのでしょうか?

あれは中学生くらいだったかな?奥歯を悪くして歯科医院に治療に行ったんです。ところが、私の体質なのか口を開けて、治療器具を口に入れられると嘔吐(えず)いて(※オエッとなって吐き気を催す)しまうんです。
ほんの少しでもそうなってしまうのでなかなか歯医者の先生も治療ができず、やむなく放置状態でした。

それから月日がが経って25~30才くらい…恐らく虫歯の進行だったんでしょうが、最初の1本目を失くしたんです。それで再び歯科医院に行って、ブリッジをすることになったのですが、これがまた大変でした。嘔吐くだけではなく、私はどうやら麻酔が効きづらいという珍しい体質だったみたいなんです。
治療のときは、これはもう表現しきれないほど痛くて。ガマンしても涙が出るほどでした。それはもう苦痛で、まるで拷問でしたよ。これが大きなトラウマになってしまい、それっきり歯科医院に行くことは一度もありませんでした。

やっとの想いでブリッジ治療をしたのですが、これがまたどうにも具合が悪くて…。 
そのうち歯槽膿漏も加わってしまい、最終的には上は全く歯が無い状態に。下はたったの4本になってしまったんです。

なんとかしたいとは思えど、治療の際に嘔吐(えず)くわ、麻酔が効きづらい体質だわで、これまでに行った歯医者さんからも「治療できない」と言われていました。歯医者さんでも無理なのですからどうしようもありません。もう半分ヤケになっていたんです。そんなときに、日本歯科情報センターの「歯科相談会」のチラシを見たんです。    

たくさんの方が治療した体験談を長年見ていたもので、私も何とかなるかと思い、参加してみることにしたんですよ。

金山さんは、体質のせいで治療を長いこと諦めていましたが、きちんと調べることで治療が可能であることがわかったそうです。

相談会に参加されてみていかがでしたでしょうか?

全く手が届かないイメージだったインプラント治療が、クリニックの選び方や治療のやり方によってはこんなに安価で可能になるとは知りませんでしたよ。
自費の入れ歯と変わらないくらいの金額な場合もあるんだそうで。 

驚いたのが治療の期間ですね。まさか、たったの1日~2日で歯が入る場合が多いなんて!そして、歯槽膿漏まで一度に改善できる場合があるんだそうで。 現代のインプラント治療の技術がこんなに進んでいたなんて、ただただ驚きました。

私が気にしていた「嘔吐き」「麻酔が効きづらいための痛み」についても、しっかりとした事前の診断と方法によって、嘔吐きや痛みが少なく治療が可能だということもわかったんです! 

自分には無理だと長年諦めていた歯ですが、もしかしてどうにかなるかも知れない…そう思うと期待が膨らみました。治療技術や費用など、きちんとした情報を知ることは本当に大切ですね。こんなに有益な相談会なんだったらもっと早めに参加していれば良かったと思いました。 


その後、どのように
治療されたのですか?

私の口の中の状態や、「嘔吐き」や「麻酔が効きづらい体質」など、できる限りのことをを伝え、インプラント専門クリニックを紹介していただきました。  

紹介してくださったクリニックを受診すると、しっかり診察していただき、麻酔の専門医を治療のチームに起用してくださるとのことで、なんと、問題なく治療可能だとのこと。嬉しかったですが、そのときはまだ期待と不安、半々でした。  

迎えた手術当日は、事前の検査で私専用の治療プランが立てられていたのであっという間でした。一番心配していた「嘔吐き」と「痛み」ですが、嘘のように麻酔がしっかりと効いていて痛みも全然なく、終始リラックスした雰囲気でしたよ。2~3時間で終わり、なんと翌日には歯が入ったんです。歯があるなんて何年ぶりでしょうか。感激でした。

インプラントをしたことで輪郭が引き上がり、若々しい印象に。

現在はどのようにお過ごしですか?

ぶ厚いステーキ、肉汁がしみ出る角煮…ずっと食べたかったものが、躊躇することなく口に入れられる、噛んで食べられる!好きなものを食べることができて本当に嬉しいですね。

歯槽膿漏もなくなり、腫れで苦しむことも、もうありません。
何年も何十年も我慢していたんです。好きな食べものを思い切り食べられるようになって本当に嬉しいです。ありがとうございました。


体験談2019-05-24
「歯槽膿漏」も改善されて、 ここ数年で一番体調の良さを実感してます

進谷さんは、どのような経緯で 歯を失われたのでしょうか? 

遺伝…でしょうか、昔から歯が弱くて虫歯になりやすく、部分入れ歯を入れていました。歯槽膿漏もひどく、常にグラグラしている状態だったんです。食事をしても、固いものを食べるとグキッとなってしまいそうで恐る恐る噛んでいました。当然、食べられるものも限られてきますし、美味しくなくて食事が楽しくありませんでしたよ。

人生一度きりなのにこの先もう食事が楽しめないなんて考えるだけでも辛いですよね。それに女性として何歳になっても見た目をちゃんとしていたい。 そこで思い切ってインプラント治療の検討を始めたんです。

ただ私の場合、インプラント治療が可能なのかが心配でした。糖尿病、ぜんそく、骨粗鬆症、その他にもあちこち持病を抱えていたんです。
身体がこんな状態だからどこの歯科医院を受診したらいいかもわからないので昔からある「日本歯科情報センター」さんの「歯に関する相談会」に参加してみたんですよ。
私の友人も参加したことがあって評判の良さを聞いていましたから。 

参加は無料だし近くで開催されるということもあり思い切って話を聴きに行ってみることにしたんです。

糖尿、喘息、骨粗鬆症、歯槽膿漏など、他の持病との相性なども心配されていましたが、問題なく手術も成功し、ご安心頂けました。

参加してみてでどうでしたか?

絶対に、間違いなく行って良かったと確信してます。

金額や治療法など、インプラント治療に対して私が持っていたイメージとは全然違いました。インプラント治療金額の「仕組み」を知っておくことは非常に大切だと感じました。クリニックによって見積額がぜんぜん違う理由もわかりましたよ。  

高額なイメージがありましたが、現在では技術や素材の進歩によって、クリニックによっては大幅に値段が下がってきているとのこと。場合によっては自費の入れ歯と変わらないくらいの金額で可能な場合もあるそうで、驚きました。
私の母も歯が悪く、相当な数の入れ歯を作り直して結局お金がかかっていたし、これならインプラントは魅力的だと感じましたね。 

あと、私にとって大きな収穫だったのが、持病があってもインプラント治療が可能な場合もあるということを知ったことです。 昔では持病があった場合、インプラント治療が不可能な場合が多かったのですが、最新の技術を持っている専門クリニックでは治療が可能な場合が多いとのことでした。         

更に驚いたのは、インプラント治療で歯槽膿漏まで一度に改善できる場合があると知ったことです。インプラント治療をすることで私が持っていたさまざまな悩みがすべて解決されるかもしれないと思い、期待が膨らみました。

その後、どのように治療されたのですか?

私の口の中の状態や、身体の状態を伝え、それに適した技術を持っているインプラント専門クリニックを紹介していただきました。すごく丁寧なクリニックで、私の持病も、すべて担当医に確認をとって調べてくださり、私に最適な治療プランを立ててくださいました。 

手術当日は、事前の検査で私専用の治療プランが立てられていたのでスムーズそのものでした。手術が始まってみると痛みも全然なく、終始リラックスした雰囲気で終了。私の場合は2時間ほどで終わり、なんと翌日には本当に歯が入ったんです。感激でした。

まるで「自分の歯」が戻ってきたよう。愛着を持って丁寧にブラッシングしてます!と嬉しそうに語って下さった進谷さま。

現在はどのようにお過ごしですか?

まるで自分の歯が戻ってきたようです。堅いものでもしっかり噛んで食べられるし、味がしっかりとわかるようになって食事がすごく楽しいんです。歯槽膿漏もなくなり、歯茎が腫れることも無くなりました。

いちばん驚いたことが、体重が5キロ以上も落ちたことです。噛めるようになったおかげで、食べ物を選ぶ必要がなくなり、バランス良く食べられるようになったからでしょう。ここ数年のなかで、今一番体調が良いことを実感しています。 

何でも食べられるのは本当に快感ですよ。今の幸せな日々に感謝しています。本当に、ありがとうございました。

体験談2019-05-24
「歯槽膿漏」もまとめて改善されるなんて、知りませんでした

榎田さんは、どのような経緯で
歯を失われたのでしょうか?

最初の1本目が抜けたときはもう覚えていません。

虫歯でグラグラしていてそれが酷くなったもんで、自分で抜いたんですよ。しばらくは放置していたんですがみっともないもんでブリッジにしたんです。これが私にとっては間違いだったんですかね…

合わなくて違和感が凄かったたんです。食事のときも、そりゃ痛くて痛くて食べ物が噛めない。次第にグラグラし出してまた抜けました。それからはもう、それの繰り返しでしたよ。

ブリッジしてはグラグラし出して抜けての繰り返しで、気がついたら上は総入れ歯、下は6本あるかないか。安定剤をつけてはいても、話すときには落ちてくるし、カラオケなんかも行きたいけど行けない。噛めないし痛いしで、常に人生を苦痛に感じていました。

何とか治療法は無いもんかと思って、いろいろと歯医者には行ったんですが、「顎の骨が薄くなっているから難しい」と言われていてインプラント治療は難しいだろうと自分では思っていました。

そんなときに日本歯科情報センターさんの「歯のお悩み無料相談会」に行ったんですよ。評判が良いし、興味があってチラシをずっと取っておいてはたまに出して見ていたんですよね。

私の場合、もはや口の状態がここまできてるもんだから、自分自身で、見て聞いて調べてみようと思ったんです

諦めなくて良かった。噛めることは本当に尊いですよ。 これからは毎日、丁寧にブラッシングして大切にします。と語る榎田さん

相談会に参加されてみていかがでしたでしょうか?

「良かった」と心から思います。

知るのと知らないのとでは、これほど大きく違うものかと感じました。 治療法の種類やクリニックの選び方、治療金額の見極め方などいろいろと教えていただきました。

私は特に、現代の治療技術について知ることができたのが良かったですね。顎の骨が薄くなっている場合、インプラント治療が不可能な場合が多かったそうなのですが、最新の技術や経験を持っている専門クリニックでは治療が可能な場合が多いとのことでした。それに、歯槽膿漏まで一度に改善できる場合があるんですね。驚きました。

そして治療費についても。これは特に重要だと感じました。知っておかないと、余計に治療費用を使ってしまっても不思議じゃないですよ。

常に丁寧でわかりやすく、非常に有意義な相談会でした。しっかりと話を聴いて理解した上で、私はインプラント治療をすることを決めたんです。私にはメリットの方が大きいと感じたんですよ


その後、どのように
治療されたのですか?

日本歯科情報センターのカウンセラーさんに、私のような難しい症例でも治療経験の豊富なクリニックを紹介していただきました。

早速行ってみると、たくさんスタッフのいる専門のクリニックで安心感が湧きました。 検査してもらったところ…結果は嬉しいものでした。私のように骨が薄くなっていても、インプラントを埋め込む場所や本数などの調整によって治療は可能とのこと。しかもなんとたったの1~2日で歯が入るそうなんです。驚きましたね。人生が変わるんだと直感して嬉しさがこみ上げてきました

治療はどうでしたか?

当日、クリニックに行くと、すでに私のために準備が整えられていて、すぐ手術。2時間ほどでしたが痛みも苦痛もまるで感じませんでした。

その日はホテルに泊まり、翌日には本当に歯が入ったんです。本当に、自分にこんなことが起こるなんて…驚きました。

インプラント治療はここまで進歩したんですね。

現在はどのようにお過ごしですか?

あわび、さざえ、赤ナマコ…固い食べ物が食べられました!もう諦めていたあの食感をまた味わうことができたんです!自分の歯そのものですから喜びもひとしおですよ。

見た目も大満足で、違和感も全くありません。周りの友人から羨ましがられましたよ(笑)。まるで新車を買ったかのような満足感でした。家内も本当に喜んでいます。

10年くらい噛めない日々が続いていたのが嘘のようでこれからは一生美味いものが食べられます。やはり自分の歯が一番!人生に自信が持てましたよ!

「私が噛めるようになって、家内も本当に喜んでいます。(榎田さん談)」 とにかく仕上がりに満足されているそうです。ご家族との楽しい食事はかけがえのない喜びですね。

体験談2018-02-01
「歯の悩み」から「歯槽膿漏」まで、一度に改善されたんです


山下さんは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

私は歯医者が大嫌いで、もう何十年も行っていないんです。
もう虫歯があるのも放ったらかしで。私は痛みには強いほうで、痛い時には痛み止めを飲んだり、腫れていると思ったら抗生物質を飲んだりして紛らわせていました。

 「※歯槽膿漏」だとはわかっていましたが、歯医者に行くのがどうしても嫌だったものですから放ったらかし。
それで最初の一本目、上の奥歯が抜けたのが10年ほど前だったでしょうか。
抜けてもちゃんとした歯医者さんにも行かず、自己判断でそのままだったんです。
その後、何とかしなくては…と思い、地元の歯医者さんに一度だけ行ってみたのですが、これがまた時間がかかるんです。
それに、「あまり要らないことはしなくていい」という判断で…。
だからすぐ通わなくなってしまいました。これが大間違いでしたね。

それからは腫れや痛みを繰り返したあと次々と抜けていって…最終的には残りの歯もほとんどグラグラという状態までなってしまいました。

その時はもう食べれるものを食べているという感覚でしたね。
見た目も酷いもので、もちろん人前で口を開けて笑うなんてできませんでしたね。

何とかしないと…とは思い続けていたのですが、私は素人なりに「歯の前に歯槽膿漏を治さなくてはならないのだろう」と思っていました。

そんなときに「日本歯科情報センター」さんの「歯に関する相談会」のことを知ったんです。「もういい加減なんとかしなくちゃ…」とは思っていましたから、無料で参加できるらしく、近くで開催されるということもあり思い切って話を聴きに行ってみることにしたんです。これが人生を左右しました。


食べたいものも食べられず、人前で笑うことさえできない毎日。
そんな日々から解放された山口さんの人生は一転!
ヨガやカラオケ、趣味を満喫できる楽しい生活を取り戻したのだそうです。



相談会に参加されてみていかがでしたでしょうか?

ええ、もう大大大正解です!

行く前は無理に高額なインプラントを勧められたりするのかと心配でしたが全くそんな心配はありませんでした。
丁寧なご説明をしていただいて、歯周病や歯槽膿漏の原因や改善方法、入れ歯やインプラントの詳しい説明などを和気あいあいと勉強できました。

行って良かったと思える一番の理由は、インプラント治療で歯槽膿漏まで一度に改善できる場合があることを知ったことですね。

私の場合はもう上下とも何本も歯が抜けていて、残りも歯槽膿漏でグラグラしていましたから、いずれ抜けてしまうことが目に見えてました。
ですから全部抜歯してのインプラントを検討することにしたんです。

相談会では金額についても詳しく知ることができたので助かりました。
昔は高額な印象のあったインプラント治療ですが、現代の最先端技術でずいぶんと安価になっている医院もあるとのこと。
「これなら私にも手が届きそう」と思いましたね。


その後、どのように治療されたのですか?

まずは私の状況に合ったインプラント専門クリニックを紹介していただいき、検査のもと、最適な治療プランを立てていただきました。

治療はもう、あっと言う間でしたね。朝、クリニックさんに行って当日の健康状態の確認、事前の検査で既にしっかりと施術の計画が立てられていたのでそのまますぐ手術。私の場合は2時間ほどでした。痛みも全然なく、終始リラックスした雰囲気で翌日にはもう歯が入って感動しました。

現在はどのようにお過ごしですか?

もう、毎日が楽しくて(笑)
どんな堅いものでもしっかり噛んで食べられます。歯槽膿漏もなくなり、歯茎が腫れることも無くなりました。何にでも前向きになれて、ヨガやカラオケも始めました。
周りの人たちや娘からは、「凄く若返った」や「別人みたい」と言われるようになりました(笑)

まるで自分の人生が戻ってきたみたいですよ。
あの時、決断した自分を褒めてあげたいくらいです。
日本歯科情報センターさんに本当に感謝しています。
ありがとうございました!

体験談2018-01-09
たった1日ですよ。あんなに悩んだのが馬鹿みたいです

谷山さんは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

ええ、もうこれはもう言い訳ができないですね。「不摂生」のひと言です。歯磨きなどをちゃんとしなかった。最初は前歯でした。虫歯の痛みはあったんですけど、頭痛薬とかを飲んだら収まる程度の痛みだったんで  歯医者に行くなんてことはしなかったんです。
これがいけなかったんでしょうね。あまり深く考えずに放っておいた結果、気がついたときには虫歯の周囲が「歯槽膿漏」になっていました。それでだんだんグラグラしてきたんです。だけど結局、歯医者には行かなかったんですね。

今思うとね、その時にすぐ行っていれば良かったかも知れませんね。それで、ついに最初の1本が抜けたんです。もうだめだったんでしょう、痛みも感じませんでした。しかし、前歯だったんで鏡を見てショックでしたね。見た目がずいぶん変わるでしょう?仕事でも参りましたよ。それからはもうだんだんと抜けて行ってね。  上が3本、下が1本ということろまでいってしまいました。 入れ歯とか差し歯をしていなかったんでみっともなかったですね。

それでも何とか食べられるものを食べてたんだけど、ついに残った上の3本がグラグラし出して。いよいよこれはもう駄目だと思ってインプラントを検討することにしたんです。ちょうどそんなときに「日本歯科情報センター」さんの「歯に関する相談会」のことを知ったんですよ。

最初は正直、気が進みませんでしたが、私の口の中はもう、背に腹代えられないところまで来ていましたから(苦笑)。
無料で参加できるらしく、近くで開催されるということもあり思い切って話を聴きに行ってみることにしたんです。

「歯があるのと無いのでは口を閉じていても顔立ちがぜんぜん
違いますね。」インプラント前の免許証を笑いながら見せる谷山さん。
「噛めるようになって消化が良いのか体調もかなり良くなりましたね。」
(ご本人談)


参加してみてどうでしたか?

「良かった」の一言ですよ。今までインプラントについては自分でも色々な情報を集めて調べてはいたんですよ。しかし、実際に説明会に参加して聴くのとは大違いでした。

歯周病や歯槽膿漏の原因や改善方法、入れ歯やインプラントの詳しい説明やその違いなどを詳しく教えて頂けました。
無料の説明会なので何か勧められたりするのかと疑いましたが全くそんな心配はありませんでしたよ。

いちばん大きな収穫は、インプラント治療で歯槽膿漏もまとめて一度に改善できる場合があることを知ったことです。私の場合はもう上下合わせて、4本しか残っておらず、残りも歯槽膿漏でグラグラ。どうせ抜けるのが目に見えてました。ですから全部抜歯してのインプラントを検討することにしたんです。
インプラント治療は高いイメージがありましたが、今は医療技術の進歩でずいぶんと安価になっている医院もあるのだそう。金額の「仕組み」についても詳しく知ることができたのも大きな収穫でした。


噛めるようになり顎の筋肉が発達したことで、お顔全体が若返った
印象の谷山さん。見た目だけでなく、お元気さも
手術前のインタビュー
とはまるで別人のようでした。



その後、どのように治療されたのですか?

自宅に帰り、しばらくは悩みましたが、ついに決意して日本歯科情報センターさんに電話で相談し、私の口の状況に合ったインプラント専門クリニックを紹介していただきました。そこで検査してもらい、私に最適な治療プランを立ててもらいました。自分ではどこの医院が自分に合っているのかわからなかったんで助かりました。

手術当日はまさか本当に翌日に歯が入るなんて信じられませんでしたよ!痛みも全然なく、いつも通りの1日を過ごし、その翌日にはもう歯が入っていました。餅は餅屋と言いますが、専門の医院で入念にプランを練っていただき、経験豊富で腕の良い先生に担当していただいたので不安もなく、アフターケアもしっかりしていただけました。


現在はどのようにお過ごしですか?

生まれ変わったようです(笑)どんな堅いものでもしっかり噛んで食べられます。歯槽膿漏もなくなり、歯茎が腫れることも無くなりました。周りの人の見る目が全然違いますよ(笑)。あんなに悩んだのが馬鹿みたいです。日本歯科情報センターの皆さん、本当に有難うございました。

歯のコラム2019-10-18
佐賀県小城市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】10月19日(土)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

佐賀県小城市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】
10月19日(土)歯のお悩み[無料]インプラント相談会
ゆめぷらっと小城 2F 会議室2

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、佐賀県小城市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:10月19日(土)
時間:14:00〜
場所:ゆめぷらっと小城 2F 会議室2

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-18
歯科医の「抜いたほうがいい」は本当か? 揺れ出す前なら…

10月16日のウェブニュースにて

歯科医の「抜いたほうがいい」は本当か? 揺れ出す前なら…

という記事が紹介されました。

歯科医院に定期的に検診に行っている人はあまり経験がないかもしれませんが、痛くなったから、グラグラと揺れているから、実際に抜けてしまったからといって歯医者を訪れる人も少なくありません。
歯医者は痛くなってからいくものと思っていると、自分の大切な歯を失ってしまうかもしれません。

歯科医院で、この歯は抜いた方が良いです。と急に言われると、納得できないと思ってしまいますよね。しかし、歯は骨なのでそれ自体が痛むことはなく、その歯が歯周病菌に犯されて、それが神経や歯茎の内部、歯を支える骨まで蝕んでやっと自覚症状が出ます。
つまり、症状が出てからすぐ行けば大丈夫というのは間違っていて、症状が出た頃にはもう遅いという場合が多いのです。

しかし、こちらの記事で紹介されているように、患者の状態にもよりますが、再生治療などでなんとか歯を残すことも今の技術ではできなくも無いようです。
ただ、保険適用外になることも多く、抜いてインプラントにするにしても、治療するにしても、高額な費用が必要になる場合がほとんどです。

昭和の歯科治療は歯をどんどん抜いていましたが、今の時代、簡単に歯を抜くことを勧める歯科医院はほとんどいません。
もしあなたが歯科医院で歯を抜いた方が良いと言われたら、基本もう手遅れだと思った方が良さそうです。
ただ、記事のように専門の歯科医院にかかることで抜かずにすむ場合もありますので、そうしたい場合は専門の医師に相談してその後を検討してみるのも一つの手でしょう。

記事はこちら

「抜いたほうがいい」は本当か? 揺れ出す前なら…

記事提供元:読売新聞(

) さま
記事掲載元:Yahoo!JAPANさま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は
1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。
歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、
資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。
お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-17
福岡県糸島市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】10月18日(金)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

福岡県糸島市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】
10月18日(金)歯のお悩み[無料]インプラント相談会
ホテルニューガイア糸島 2F 会議室

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、福岡県糸島市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:10月18日(金)
時間:14:00〜
場所:ホテルニューガイア糸島 2F 会議室

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-17
「しなくていい歯を治療」の声も…無資格の助手に治療行為させ診療報酬も詐取か 歯科医師逮捕

10月16日のウェブニュースにて

「しなくていい歯を治療」の声も…無資格の助手に治療行為させ診療報酬も詐取か 歯科医師逮捕

という記事が紹介されました。

愛知県の歯科医院で、歯科衛生士の資格が無い歯科助手に歯石除去をさせたとして歯科医院の医院長である医師が逮捕されました。

多くの人は、歯科医院は病院だから受付以外の働いている人全員が資格を持っていると思いっている人も多いようですが、実は歯科助手に資格はいりません。

歯科衛生士は、患者に対して予防や処置、指導などをすることができますが、歯科助手はあくまでアシスタントです。事務作業や片付けなど、資格のいらない範囲内で補助をする仕事を担っています。中には、歯科衛生士の資格をとる学校に行きながらアルバイトで歯科助手をしており、知識のある人もいたりしますが、そういった知識があるからといって、資格を持っていない以上患者に処置をすることは許されていません。

現在日本には多くの歯科医院があり、人手不足していますが、いくら人がいないからといって、このような事件は起きてはならないことです。

歯科医院を選ぶのは大変難しいです。いろいろな口コミサイトなどもありますが、設備・医師、歯科衛生士の対応・納得のいく説明をしてもらえたかなど、こういったところからご自身で判断されることも自分にあった歯科医院を見つける第一歩です。

記事はこちら

「しなくていい歯を治療」の声も…無資格の助手に治療行為させ診療報酬も詐取か 歯科医師逮捕

記事提供元:東海テレビ さま
記事掲載元:Yahoo!JAPANさま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は
1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。
歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、
資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。
お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-10-16
佐賀県佐賀市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】10月17日(木)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

佐賀県佐賀市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】
10月17日(木)歯のお悩み[無料]インプラント相談会
佐賀県地域産業支援センター 2F 第1研修室

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、佐賀県佐賀市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:10月17日(木)
時間:14:00〜
場所:佐賀県地域産業支援センター 2F 第1研修室

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

体験談
2019-06-03
顎の骨がなくなっていた私も、歯を取り戻すことができました
体験談
2019-05-28
体質のせいで治療は不可能だと言われていた私も、治療できました
体験談
2019-05-24
「歯槽膿漏」も改善されて、 ここ数年で一番体調の良さを実感してます
インプラント治療について
匿名希望 様 (55歳/女性)
「あなたの口の状態ではインプラント治療できない」と言われました。
長年歯科医院に通っています。かかりつけの歯科医院で
インプラント治療を相談したのですが
「あなたの口の状態ではできない」と言われ、入れ歯を勧められました。
もうあきらめるしか無いのでしょうか?
Copyright© 日本歯科情報センター All right reserved.