> 
体験談詳細
体験談
「歯の悩み」から「歯槽膿漏」まで、一度に改善されたんです
山下さま50代/福岡県在住



山下さんは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?


私は歯医者が大嫌いで、もう何十年も行っていないんです。
もう虫歯があるのも放ったらかしで。私は痛みには強いほうで、痛い時には痛み止めを飲んだり、腫れていると思ったら抗生物質を飲んだりして紛らわせていました。


 「※歯槽膿漏」だとはわかっていましたが、歯医者に行くのがどうしても嫌だったものですから放ったらかし。
それで最初の一本目、上の奥歯が抜けたのが10年ほど前だったでしょうか。
抜けてもちゃんとした歯医者さんにも行かず、自己判断でそのままだったんです。
その後、何とかしなくては…と思い、地元の歯医者さんに一度だけ行ってみたのですが、これがまた時間がかかるんです。
それに、「あまり要らないことはしなくていい」という判断で…。
だからすぐ通わなくなってしまいました。これが大間違いでしたね。


それからは腫れや痛みを繰り返したあと次々と抜けていって…最終的には残りの歯もほとんどグラグラという状態までなってしまいました。


その時はもう食べれるものを食べているという感覚でしたね。
見た目も酷いもので、もちろん人前で口を開けて笑うなんてできませんでしたね。


何とかしないと…とは思い続けていたのですが、私は素人なりに「歯の前に歯槽膿漏を治さなくてはならないのだろう」と思っていました。


そんなときに「日本歯科情報センター」さんの「歯に関する相談会」のことを知ったんです。「もういい加減なんとかしなくちゃ…」とは思っていましたから、無料で参加できるらしく、近くで開催されるということもあり思い切って話を聴きに行ってみることにしたんです。これが人生を左右しました。





食べたいものも食べられず、人前で笑うことさえできない毎日。
そんな日々から解放された山口さんの人生は一転!
ヨガやカラオケ、趣味を満喫できる楽しい生活を取り戻したのだそうです。





相談会に参加されてみていかがでしたでしょうか?


ええ、もう大大大正解です!


行く前は無理に高額なインプラントを勧められたりするのかと心配でしたが全くそんな心配はありませんでした。
丁寧なご説明をしていただいて、歯周病や歯槽膿漏の原因や改善方法、入れ歯やインプラントの詳しい説明などを和気あいあいと勉強できました。


行って良かったと思える一番の理由は、インプラント治療で歯槽膿漏まで一度に改善できる場合があることを知ったことですね。


私の場合はもう上下とも何本も歯が抜けていて、残りも歯槽膿漏でグラグラしていましたから、いずれ抜けてしまうことが目に見えてました。
ですから全部抜歯してのインプラントを検討することにしたんです。


相談会では金額についても詳しく知ることができたので助かりました。
昔は高額な印象のあったインプラント治療ですが、現代の最先端技術でずいぶんと安価になっている医院もあるとのこと。
「これなら私にも手が届きそう」と思いましたね。




その後、どのように治療されたのですか?


まずは私の状況に合ったインプラント専門クリニックを紹介していただいき、検査のもと、最適な治療プランを立てていただきました。


治療はもう、あっと言う間でしたね。朝、クリニックさんに行って当日の健康状態の確認、事前の検査で既にしっかりと施術の計画が立てられていたのでそのまますぐ手術。私の場合は2時間ほどでした。痛みも全然なく、終始リラックスした雰囲気で翌日にはもう歯が入って感動しました。



現在はどのようにお過ごしですか?


もう、毎日が楽しくて(笑)
どんな堅いものでもしっかり噛んで食べられます。歯槽膿漏もなくなり、歯茎が腫れることも無くなりました。何にでも前向きになれて、ヨガやカラオケも始めました。
周りの人たちや娘からは、「凄く若返った」や「別人みたい」と言われるようになりました(笑)


まるで自分の人生が戻ってきたみたいですよ。
あの時、決断した自分を褒めてあげたいくらいです。
日本歯科情報センターさんに本当に感謝しています。
ありがとうございました!

体験談
2019-06-03
顎の骨がなくなっていた私も、歯を取り戻すことができました
体験談
2019-05-28
体質のせいで治療は不可能だと言われていた私も、治療できました
体験談
2019-05-24
「歯槽膿漏」も改善されて、 ここ数年で一番体調の良さを実感してます
Copyright© 日本歯科情報センター All right reserved.